2018/07/10

スターバックスが使い捨てストローを全世界で廃止決定 日本も対象に





スタバ、プラ製の使い捨てストロー廃止へ 全世界で20年に












米コーヒーチェーン大手スターバックスは9日、2020年までに全世界の2万8千以上の店舗で、プラスチック製の使い捨てストローを廃止すると発表。








プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化しており、地球環境保護の取り組みを強化をはかります。






スターバックスは、米国やカナダの一部の店舗で導入されているストローを使わずに飲めるふたへの切り替えを進めるほか、紙製のストローなども提供します。




ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は声明で「持続可能なコーヒー事業の達成に向け、重要な一里塚だ」と述べました。



国内では既に一部商品専用のストローを使わずに直接ドリンクを飲む蓋が採用されており、その蓋が他のビバレッジにも適用される可能性があるということです。





スターバックスコーヒージャパンからの発表はまだありません。


友だち追加

Instagram





0 件のコメント:

コメントを投稿

質問・ご意見などお待ちしています!