2018/07/23

LINE Pay大幅改善も批判の声続出? ポイント付与上限が100万円にアップしマイカラーの判断基準も明確化





LINE Pay大幅改善
ポイント付与上限が100万円までに。
インセンティブプログラム【マイカラー】の判断基準も明確に





LINEが本日発表したLINEPay一般ユーザー向けのインセンティブプログラム「マイカラー」の判断基準を公開したことで喜ぶユーザーが居る一方で不満の声も続出しました。
(判断基準詳細はページ下部で詳しく紹介)



ポイント付与上限が現在の10万円から100万円までアップし喜ぶ一方で判断基準が厳しすぎるとの声が。



基本的には、LINEPayで決済は送金を行ったユーザーには、その利用度合いに応じてポイントバックが行われるというものですが◆毎月5人に送金したら2%還元にって友達居ないんだけどw ◆前月に10万円の決済でグリーンは厳しいなどという反応が目立ちます。



今回LINEが発表した内容を掘り下げていきます。


LINEPayについてはこちら





LINE Pay コード決済で還元率5%に 10万円のポイント付与上限も撤廃


スポンサードリンク









マイカラーの判断基準が明確化



判断基準は以下のような感じ



●カラー判定基準を、相対的評価⇒絶対評価に変更。



《グリーン》決済金額 : 10万円/月+送金:月間5人以上のユーザーへ送金


《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月+送金:月間3人以上のユーザーへ送金


《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月+送金:月間1人以上のユーザーへ送金


《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月




やはり普段の支払いをほとんどカードで行わないと最大還元率のグリーン到達は厳しいかもしれません。




その点、Sutabakaは脱現金主義でカードが使えるなら絶対カード払いで!!という人間なので決済金額に関しては困らないと思います。





もう一つの判断要素である他のユーザーへの送金に関しても現時点では最低送金金額なども無く、適当に5人の友達を選択して1円を送れば済む話ですのでそこまで苦ではないよねとか思ったりしています。



ちなみに先月&今月のLINEPayの決済はこんな感じ








◆その他のマイカラー判断基準に関する改善点はこんな感じ





●バッジカラーの判定基準とポイント付与対象に「LINE Pay」に連携したクレジットカードでの決済も追加。


●カラー判定期間を、前月末までの1ヶ月分の実績を集計・判定、毎月1日午前10時更新に変更。



◆還元率に関する改善点はこんな感じ



●利用登録するだけでホワイトバッジ付与(ポイント付与率0.5%)。


●最低ポイント付与率を見直し、各バッジカラーのポイント付与率を変更。
(グリーン 2%、ブルー 1%、レッド 0.8%、ホワイト 0.5%)


●ポイント付与対象となる決済金額の上限を100万円/月に引き上げ






 マイカラーの確認方法





コード決済は誰でも+3%




マイカラーに準じた還元率とは別に、LINE PayでQRコード払いをした場合、さらに3%が上乗せされポイントが還元されます。




QRコード決済特典

期間限定(2018年8月1日~2019年7月31日の1年間)


ポイント付与決済金額100万円の上限内で、QR/コード支払いを利用した場合には、「マイカラー」で決まったポイント付与率に3%を上乗せ


スポンサードリンク








LINEが公開しているよくある質問






Q:ユーザーなら誰でも0.5%は決済時に付与されるようになるということですか?
A: はい、そうです。



Q:10万円以上使えば、誰にも送金しなくてもグリーンになれますか?
A:決済額10万円/月+月間5人以上のユーザーへ送金をしている方であればどなたでもグリーンとなります。月に10万円以上ご利用いただいても、送金人数が0人の場合、グリーンの条件にも、その下のブルー、レッドにも当てはまらないため、ホワイトになります。グリーンになるには、月間10万円以上の決済+5人以上に送金が必須となります。

例)
月間10万円決済し、送金人数0人の場合
⇒ホワイト

月間5万円決済し、送金人数2人の場合
⇒レッド

月間5万円決済し、送金人数4人の場合
⇒ブルー

月間0円決済し、送金人数10人の場合
⇒ホワイト




Q:カラー判定基準やポイント付与対象に、支払い方法の種類は関係しますか?
A: いいえ、「コード支払い」、「LINE Pay カード」、オンライン、自販機など支払い方法に関係なく、”LINE Pay残高を利用した決済“としてカウントされます。おなじく、「LINE Pay」に連携したクレジットカードでの支払いも対象になります。





Q: 各カラー判定の元となるサービス利用には何がありますか?
A: 月間の、LINE Pay残高を使った決済すべてと、LINE Payに連携したクレジットカードでの決済金額と、送金人数が対象となります。





Q: LINE Pay残高を使った決済にはなにが含まれますか?
A: QR/バーコードでの「コード支払い」、「LINE Pay カード」での決済、オンラインショップでの残高決済、「LINE Pay 請求書支払い」、「LINE Pay 外貨両替」、自販機での決済が含まれます。





Q: LINEポイント付与対象にはなにが含まれますか?
A: LINE Pay残高を使った決済すべてと、LINE Payに連携したクレジットカードでの決済が対象となります。なお、送金は含まれません。
2018年8月からの1年間は、QR/バーコードでの「コード支払い」利用でさらにポイント付与率がアップしよりお得になるので、ぜひご利用ください!




まとめ



Sutabakaの個人的な感想にはなりますが判断基準が明確化されたことで毎月マイカラーの心配をすることが無くなったので大きな改善だと感じました。



最高還元率である「グリーン」に関してもよくカード決済をする人もあまりカードは使わないっていう方もちょっとした決済からLINEPayに変えることで十分実現可能な額だと思われます。



送金5人以上に関しても1人当たり1円だけ送付すれば5円の出費で済みますし、相手もLINEPayを利用しているなら相互に送金しあうことでプラスマイナス0です。



ツイッターなどでは批判などの声も出ていますが今回の発表は決済業界の歴史を変えるかもしれない大きな発表になるかもしれませんよ。



これを機にクレジットカード各社なども還元率のアップや利便性の向上を行ってほしいところです。



LINE Payよりも最強のプリペイドカード【Kaysh】に関してはこちらからどうぞ


Kyashからついにリアルカード発行! クレジットカードで入金出来て還元率2%!! 最大5%還元も!



Kyashリアルカードが到着!実際に店舗で使ってみたらLINEPayより使い勝手最高だった





Kyashリアルカード一ヵ月使用レポート。 使ってみて分かったKyashのデメリット





【Sutabaka公式LINE@】
スターバックスe-giftプレゼントキャンペーンをほぼ隔週実施中!!
【SutabakaのInstagram】
◆Name/To Go!
◆ID/starbuckslvsjp
↓画像をクリックでアカウントページに移動します

クリックできない方はこちら

【SutabakaのTwitter】
◆Name/AMUSTA アミュスタ
◆ID/starbuckslvsjp
↓画像をクリックでアカウントページに移動します

クリックできない方はこちら





0 件のコメント:

コメントを投稿

質問・ご意見などお待ちしています!