2018/06/28

LINE Pay コード決済で還元率5%に 10万円のポイント付与上限も撤廃









LINE Payが還元率5%に 
LINE CONFERENCE 2018




本日行われたLINE CONFERENCE 2018にてLINE Payの新たなサービスと改善が発表されました。



発表された中で最も消費者に影響があるのはLINE Payコード決済のポイント付与率がマイカラーで決定している付与率に加え全ユーザーにもれなく+3%分付与される改善だと思います。



現在、LINE Payを超える決済サービスとして有名なVISA加盟店で最大5%となる最強プリペイドカード「Kyash」


今回の発表でLINEコード払い加盟店ではLINEも還元率5%に並びました。Kyashでの最大還元率5%は一部条件を満たした場合にのみ適用されるので今回の発表がLINEの反撃の一手となりました。


Kyashについてはこちらの記事をご覧ください


Kyashからついにリアルカード発行! クレジットカードで入金出来て還元率2%!! 最大5%還元も!









Kyashリアルカードが到着!実際に店舗で使ってみたらLINEPayより使い勝手最高だった





アンドロイドユーザー限定ですがLINE PayがJCBの電子マネー「QUICPay」と提携し、LINE Payの残高を使ってQUICPay決済が可能になります。



大きな発表があった今年の LINE CONFERENCE




詳細情報をお届けします。







LINE Payコード決済で還元率5%に







2018年8月から1年間、LINE Payのコード支払いの利用に限り、各カラーで定められたLINEポイントの還元率に3%を上乗せして付与されます。






例)グリーンバッジを持つユーザーの場合






「コード支払い」の利用により、通常のポイント還元率2%に3%が上乗せされ、常に5%のLINEポイントが付与されます。





通常は還元率0%のホワイトバッジのユーザーでも、コード決済なら常に3%のポイントが付与されるようになります。




LINEコード決済に関しては今までのポイント付与上限「10万円」が完全撤廃され、コード決済をすればポイントが上限無く貯まります貯まります。




コード決済が利用可能な店舗ではグリーンユーザーの場合は常時5%OFFとなり大変お得です(^▽^)/







コード決済が利用可能な店舗



・ローソン
・ビックエコー
・山内農場
・ジョーシン
・ゲオ
・ココカラファイン
・和民
・ジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)
・ロフト
などなど




対応店舗一覧はLINE公式サイトをご覧ください



LINEコード決済対応店舗一覧





ジョーシンなどで家電を買う際などにコード払いを利用すると金額上限なしで5%還元に!!!





10万円の買い物をすると5000ポイント(5000円相当)帰ってきます。ポイントはLINE Pay残高に1ポイント=1円で交換することができます。



LINE Pay残高は手数料210円を支払うことで銀行口座に払い出すこともできます。






LINEマイカラー制度に関してはこちらの記事をご覧ください



ついにLINE Payカードが改悪! よく使う人は2%還元継続可能?!








【LINE プレスリリース】

ユーザーにもよりメリットを感じてコード決済を利用いただくために、今月から開始した「LINE Pay」をアクティブに使っていただくほど多くのインセンティブが付与されるプログラム「マイカラー」制度を、アップグレードいたします。

本プログラムでは、本人確認をおこないアカウントをLINE Moneyにしたユーザーを対象に、グリーン、ブルー、レッド、ホワイトの4色のカラーでアカウントを表現し、段階的にインセンティブを付与しています。


このプログラムの中で、コード決済を利用することが「LINE Pay」サービスの利用のなかで最もお得な決済方法になるよう、優遇してまいります。



1. 2018年8月からの1年間、カラーバッジ保有ユーザー*5を対象に、「LINE Pay」の「コード支払い」利用に限っては、各カラーで定められた「LINEポイント」還元率に3%を上乗せして付与します。

グリーンバッジのユーザーは、QR/バーコードでの「コード支払い」で最大の5%分を還元、ホワイトバッジはこれまで「LINEポイント」のインセンティブについては0%でしたが、「コード支払い」で3%分が還元されるようになります。

2. 「コード支払い」の利用に関しては、ポイント付与対象の決済金額10万円までの制限を完全撤廃します。



※注意事項※

*5:「LINE Pay」メイン画面「マイカラー」内で自身のカラーを確認できます。カラーバッジは「グリーン」「ブルー」「レッド」「ホワイト」の4種となります。なお、バッジなしのユーザーは対象外となります。








アンドロイド限定 LINE PayがQUICPayに対応!!






LINE PayがJCBのQUICPay連携!



国内約72万箇所のQUICPay加盟店で利用可能になりさらに便利に!


コード決済普及に加え非接触型決済にも対応し利便性が高まります。



SutabakaはiPhoneユーザーなのでQUICPayに対応しても利用することができませんがアンドロイドユーザーにとってはかなり嬉しい新サービスです。



プレスリリースではQUICPay決済時のポイント付与に関しての記載はありませんでしたが、JCB側への手数料などを考慮するとキャンペーンなどを除き常時ポイント付与は難しいのかなと思っています。





【LINE プレスリリース】



「LINE Pay」は、モバイル時代の新たな決済インフラをめざし、2014 年 12 月にオンライン決済としてサービスを開始、2016年からはオフライン展開のためJCB加盟店で利用可能な「LINE Payカード」を発行、2017年にはQR/バーコード決済を本格化しました。2018年に入ってからは「LINE Pay」で支払い可能な箇所を国内100万箇所まで拡大する目標を掲げ、伴わせて「LINE」アプリ自体のアップデートもおこない、QR/バーコード決済をより使いやすく改善するなどして利便性向上を目指しています。



「LINE Pay」では、いつでも・どこでも・誰でもキャッシュレス・ウォレットレスの恩恵が受けられてこそ、決済におけるインフラになることができると考えているため、スマートフォンを使ったQR/バーコード決済がそのソリューションであると信じて普及活動をしている一方で、国内の大型店舗においてはすでに非接触型決済が整備されており、ユーザーからも大変便利であるとの声が多くございます。



事業者側もユーザー側もスマートフォンさえもっていればキャッシュレス・ウォレットレス決済が利用できるQR/バーコード決済の環境整備を早急におこなう一方で、ユーザーにより便利に利用していただくため、この秋以降、「LINE Pay カード」、QR/バーコード決済につづく第3のオフライン決済方法として非接触型決済にも対応します。これにより、Androidの対応端末をお使いのユーザーは、スマートフォンをかざして「LINE Pay」アカウント残高から支払いが可能になります。「QUICPay」は、国内約72万箇所で利用することができるので、支払いできる場所が劇的に増加します。



* QUICPayはJCBの登録商標です

* Android は Google LLC の商標です



「LINE Pay」は、お金の流通で生じる時間や手間、手数料など様々な摩擦をゼロにし、人とお金・サービスの距離を近づけてまいります。将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、モバイルフィンテックの世界をリードする存在になることを目指します。







友だち追加












0 件のコメント:

コメントを投稿

質問・ご意見などお待ちしています!