2018/05/28

加賀棒ほうじ茶が絶品! スタバで本格ティータイム



5月30日からのスターバックス新作














加賀棒ほうじ茶









加賀棒ほうじ茶とは??




茎茶(棒茶)をほうじたもの。


石川県で主に生産される。

石川県では「棒茶」、「番茶」といえばこれを指すことが多い。

金沢が発祥の地とされ、石川県ふるさと食品認証食品に登録されている。

また、石川県では県内で焙煎された棒茶の認証基準(農安第1751号、平成19年10月22日)を制定している。

なお、茎ほうじ茶はお茶の生産地であれば日本各地で生産されているが、特に過去石川県のある製茶場が加賀棒茶を昭和天皇に献上したという経緯から「献上加賀棒茶」を製品化したため、加賀棒茶がより一般に名前が知られるようになった。


ただ、「献上加賀棒茶」は焙煎の度合いが浅いため、香りが甘く柔らかではあるが、一般的な焙じ茶に比べ渋みがやや強いという特徴を有する。








職人さんが一人で2ヵ月ほうじたスタバの新作



今回の新作は職人さんが丹精込めて作られています!!



現在発売中のほうじ茶と比べると、まろやかな口当たりと芳醇な香りが特徴的です。



カフェインコーヒーより少ないうえ香ばしいので女性の客に定評があります。




現在、スターバックス各店舗(一部除く)にてテイスティングを実施中ですのでお近くのスターバックスで周りよりも先に楽しんでみてください(^▽^)/



棒ほうじ茶フラペチーノのテイスティングは販売当日までありませんのでご注意ください。







0 件のコメント:

コメントを投稿

質問・ご意見などお待ちしています!