2015/07/30

スターバックスの社名の由来とは? スターバックスのロゴの秘密も明らかに!?

「スターバックス」という社名は、 シアトルの南西にあるレーニア山の採掘場「スターボ」(Starbo)と、 ハーマン・メルヴィル著の「白鯨」(モビーディック)に出てくる コーヒー好きの一等航海士「スターバック」(Starbuck)の名前から 採用されたものなのだそうです。


スターバックスのロゴも由来に関係しており、 船乗りとの縁が深いセイレーン(ギリシャ神話に登場する人魚)が 用いられているそうです。

真ん中に描かれているのは北欧神話に登場する『サイレン』(尾がふたつある人魚。
美しい歌声で漁師を魅了した)は、創立者の一人であるゴードン氏の友人、アーティストのテリー・ヘクラー氏が、16世紀の木版画のセイレンを参考に考案した商標です。


アメリカ国内の一部で女性が脚を広げているようだと反感をかい、ボイコット運動がありました。

マクドナルドやコカコーラのように 全世界で展開中と思われがちだが、進出していない国も多く、 南アフリカ、イタリアは0で、ヨーロッパもアジアに比べると店舗数は非常に少ない。 またアフリカ、中央アジア、旧ユーゴスラビア、旧ソ連などの発展途上国には一切進出をしておらず、進出国はしぼっており、スターバックス理想のサービスができる環境に展開していることが伺えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問・ご意見などお待ちしています!